決裁権限規程一覧テンプレート

IPO・バリュエーション

ここでは決裁権限規程に付随する別表/別紙としての決裁権限規程一覧のテンプレートを提示します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テンプレート

テンプレートはこちらからダウンロードください。

あくまでもテンプレートですので、自社の事業内容や組織構造、職位設定等に応じて、カスタマイズを加えて下さい。

スポンサーリンク

その他注意点

こちら、取締役会及び監査役会の承認事案のうち、会社法において株主総会による決議が必要とされているものに関しては、付議事項としての承認となります事、ご留意ください。

起案者は役職固定で書いていますが、当該役職未満からの役職であれば良し、というような形で運用上のルールを定めると良いでしょう。

承認者については、指定している役職以上の者であれば可とする形で、こちらも運用上のルールを定めると良いでしょう。

金額のメッシュ感や重要度設定に関しては、細かくやる方法もありますし、「相談」というような物を設定して、一定の曖昧性を持たせる方法も考えられます。

なお、細かく設定しておけば、稟議システムの設定指示書にもなるので、便利と言えば便利です。
細かくし過ぎると、ガバナンス上の柔軟性が低下するデメリットはあるものの、その他の実務メリットはあるので、バランスを考えるのが良いでしょう。
明確に規程として制定する一覧はここまで、それ意外はこちら、というような形で何かしらフラグを立てて、フィルタで区切るような方法も考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました