(IPO関連用語解説)ダイリューションとは?

IPO・バリュエーション

ここではダイリューション(株式の希薄化)について用語解説します。
一般的には良くない事、とされているダイリューション。
資本政策を組んでいくうえでも、既存の株主への配慮の意味でも、非常に重要な概念です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイリューションとは

ダイリューション(株式の希薄化、もしくは単純に希薄化と言う事も)とは、第三者割当増資や新株予約権等の権利行使のような増資アクションがあった際、発行する株式数が増加することにより、相対的に1株あたりの価値が低下する事を言います。

上場企業の場合、1株あたりの配当が下がったり、単純に増資アクションをとっただけでは業績貢献につながらず1株あたりの利益が悪化したりします。
そのため、相対的に株式の魅力が低下し、株価も下がる可能性があります。
株主にとっては、基本的に好まない傾向があるため、その意向を受けて、多くの上場企業においてはエクイティによる資金調達より、デットによる資金調達を好む傾向があります。

スポンサーリンク

ベンチャー企業にとってのダイリューション

未上場企業、特に急成長中のベンチャー企業にとっては、成長のための資金獲得に必然的に伴うものであり、資本政策の中で計画的に所与のものとして受け入れられているものです。

一方、創業社長にとって、内心ではダイリューションは避けたいのが本音でしょう。
自分の会社の株式を、資金と引き換えに投資家に渡す事になるため、当然と言えば当然でしょう。

この話については下記記事で詳細に触れているので参考にしてください。


本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。
同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました