(用語解説)バリュエーションとは

IPO・バリュエーション

ここではバリュエーションについて用語解説していきます。
様々な投資案件において汎用的に使われる用語ですが、IPO進行企業にとっての意味合いに絞って考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バリュエーションとは

バリュエーションとは、企業の価値評価のことです。
M&Aや通常の株式投資をはじめとして、様々な投資価値の計算や判断に対して呼称されています。

IPO進行企業においては、エクイティでの資金調達や新株予約権(ストック・オプション)の付与において重要な意味合いを持ちます。
特にN2以降については、事実上、必須となります。

バリュエーションの手法としては次のような物があげられます。

ネットアセット・アプローチ:B/S純資産をもとに算出(簿価純資産法、時価純資産法)
マーケット・アプローチ:類似企業の株価や過去の評価事例を参考に算出(市場株価法、類似企業比較法/マルチプル)
インカム・アプローチ:将来C/F・P/Lの現在価値等に基づいて評価(DCF法、収益還元法)

ベンチャー企業の場合は、大体においてPERマルチプルが使用されます(近年はPSRを使用しているな、と思われる事例も増えてきました)。

なお、自分達の会社や上場会社でなくても、資金調達のリリースと登記簿謄本を突合すると、他社のバリュエーションが一定推定可能です。

スポンサーリンク

関連記事


本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。
同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました