(用語解説)プロダクト・マーケット・フィット

IPO・バリュエーション

ここではプロダクト・マーケット・フィット(PMF)について用語解説していきます。
スタートアップビジネスが成功するか否かは、このPMFにかかっていると言って過言ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロダクト・マーケット・フィットとは

プロダクト・マーケット・フィット(Product/Market Fit)とは、顧客を満足させる最適(に近い)プロダクトを、最適(に近い)なマーケット(市場)に提供できている状態の事を言います。

ようは、プロダクト(商品,サービス)がどんなに優れていても、売る相手先やそのマーケットが微妙だったら売るのは困難ですし、逆にマーケット選択が適切であっても、プロダクトが微妙だったら競合が選ばれる、という事です。

至極当たり前の話なのですが、多くのスタートアップ企業がこのPMFをクリアできずに、衰退・消滅していっています。
理由は様々ですが、自分達のプロダクトの良し悪しは存外に客観的に見れない、という点もそうですし、マーケットというものも定量的に示し切れるものでは当然に無いので、暗中模索しながらビジネスを進めるしかなく、結果として間違った道を進む場合も多いからです。

逆に、PMFをクリアできると、顧客フィードバックの質もあがりプロダクトの改善につなげやすくなりますし、マーケティングやセールス、そしてカスタマーサクセスの難易度も大きく下がります。

参考記事

スポンサーリンク

プロダクト・マーケット・フィットをクリアするための基本的考え方

プロダクト・マーケット・フィット(PMF)をクリアするための、基本的なルートとしては、まず顧客が抱える課題(ニーズやペイン)を解決するソリューションを提供している事が必要です。
このソリューションは、プロダクトの原型でも良いですし、人が個別に介在するようなサービス初期段階もあり得ます。

この、顧客の課題(ニーズやペイン)を特定し、またソリューションも握っている状態で、ミニマムなプロダクトを開発します(いわゆるα版とかβ版とかいわれる、正式版としてリリースされる前の状態)。
そして、このプロダクトを実際にリリースして、顧客に受け入れられるかを検証し、出てきた問題点についてプロダクトにフィードバックし、改善を進めていくサイクルをひたすら繰り返していきます。
ここでのポイントは「絶対に解決したい課題/絶対に欲しい解決策」です。
nice to have(あったらよい)では無く、must have(無ければならない)に近づけなければ、後々の成功確率は激減していきます。

こうして、顧客を満足させる最適(に近い)プロダクトの実現を目指しながら一定の水準に達した後、今度はマーケットとのフィット(最適に近いマーケットの模索)のフェーズに入っていきます。
PMFでは、様々な指標(NPS:NetPromoterScore、リテンションカーブなど)をとっている前提で、顧客をセグメントしていき、指標が良好、もしくは改善可能なセグメントを模索していきます。
これも、ひたすらに模索と改善のサイクルを繰り返すことになります。

そしてPMFを達成できたのであれば、そのビジネスはスケールする土台を手に入れたことになります。

参考記事


本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。
同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました