(IPO関連用語解説)主幹事証券会社とは

IPO・バリュエーション

IPOにおける重要プレイヤーの一つに主幹事証券会社があります。
IPOまでの道のりをサポートしてくれ、IPO後も付き合いが続く主幹事証券会社について、用語解説をしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主幹事証券会社とは

主幹事証券会社とは引受証券会社のうち、メインとなる証券会社のことです。
主幹事証券会社の役割は、IPOを目指す企業、上場企業として適格か否かを審査し、未成熟な企業が株式市場に参入することをブロックする、逆に言うと未来のある企業を株式市場に送り出すことにあります(ようは、「推薦者」としての立場になる、という事です)。

代表的な主幹事証券会社は下記です(他にも証券会社はありますが、主幹事証券としての実績が多いのは下記の会社です)。

選定においては、複数の証券会社に声をかけつつ、ビューコンというプロセスを経て行います。
なお、選定したとしても、具体の契約に結ぶかどうかは別のプロセスであり、IPO準備進行途中で主幹事証券の変更を行う事もある話です。

主幹事証券会社を変えるタイミングによっては、証券取引所における上場審査において、変更の理由を説明しなければならない場合があります。

スポンサーリンク

主幹事証券会社とIPO

IPO準備期間中は、IPOまでのプロセスを指導してくれます。
上場準備には、証券取引所に提出する申請書類の作成や社内体制の整備、エクイティ・ストーリー資本政策等々、多くのアクションが必要で、それらについてサポートやアドバイスしてくれます。

ただ、実際に手を動かしてくれるとか、そういう事は無いので、深い領域でのアドバイスやリソースが欲しい場合にはIPOコンサルティング会社を頼る形になります。

直前期に入ると、証券会社による審査をクリアする必要があります。
(証券取引所による審査とは別のものです。)
証券会社には引受部門とは別に審査部門があり、そこが担当する形です。
この審査は引受審査と呼ばれ、証券取引所による上場審査と近しい審査を受けます。

近しい審査を受けるわけですが、全く同じ審査を受けるわけではありません。
ですので、証券会社の引受部門の実力によっては、証券取引所がクリティカルなエラーだと判断する内容を、スルーしてしまう場合もあるわあけです。
つまり、証券会社により、引受部門による引受審査のクオリティに差がある、という事です。
証券会社の選定にあたっては、証券取引所の審査よりも厳しい所を選んでおく位が丁度良いと思いますね。

IPO直後も、IRや株価当についてサポート・アドバイスをしてくれるため、付き合い自体は長くなります(密ではないです)。


本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。
同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました