(IPO関連用語解説)三様監査とは

IPO・バリュエーション

監査法人、監査役会、そして内部監査による監査の事を三様監査と言います。
同じ監査機能を担うとは言え、それぞれ目的や役割が異なります。
ここでは、三様監査について用語解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三様監査とは

監査役設置会社において三様監査とは、公認会計士または監査法人(会計監査人)による監査、役員である監査役(もしくは監査役会)による監査、そして内部監査による監査の3つを指します。
(なお、監査等委員会設置会社における監査等委員会も、基本的には監査役と同様と考えます。)

それぞれ、主体や目的、監査対象が異なります。

公認会計士または監査法人による監査監査役監査内部監査
主体公認会計士または監査法人監査役内部監査部門
目的株主および債権者保護の目的(投資家に対する財務諸表・内部統制報告書の適正性の保証)株主および債権者保護の目的で、取締役の職務執行の適法性(法令・定款違反)の保証等企業の経営活動に資する目的で、経営者より委託を受け、社内の各部門における業務の体制・活動全般・法令や規程への準拠性のチェック、業務改善の提案等
監査の種類会計監査会計監査
業務監査
会計監査
業務監査
監査対象財務諸表
内部統制報告書
取締役の職務執行
会計に関するもの(計算書類及び附属明細書)
社内の各部門における業務プロセス等
根拠法令等金融商品取引法会社法法令では規定されていない
社内規程を根拠とする

三様監査の実施においては、相互に情報交換を行い、連携を保つことで、監査の実効性が高まるとされています。
IPO準備企業や(普通程度に真面目な)上場企業は、定期的に三様監査と称して会合の場(情報交換の場)を設けます。

ただ、大多数の当事者にとっては、「やらなければいけないからやっている」のが実態です。
(もちろん、本気で取り組めば、有効に企業の成長に寄与させる事につながるのですが、現実問題として本気に取り組まない経営者は珍しく無いですし、現場実態を無視した要求をする監査担当者も存在する事もあります。そのため、日本人の気質的に、大体悪いことはしないので、監査の役割が仕方が無いから支出しているコスト扱いされている会社が多いです。そして、誰もが知っているガバナンスもしっかりしている風の大企業によるとんでもない不正が、ある日突然明るみに出る、という事が定期的に発生しています。つまり、監査の機能を有効に活用できるか否かは会社次第、経営者次第、という事ですね。)

スポンサーリンク

IPOと三様監査

上場審査においては、三様監査による、適正かつ効率的な監査が行われているかどうかが証券取引所により審査されます。
(当然、主幹事証券による引受審査でもです。)
また、上場申請書類においても、各監査人の連携について、記載が求められます。

  • Ⅰの部:コーポレート・ガバナンスの状況等
  • Ⅱの部:三様監査(監査役監査、内部監査、公認会計士又は監査法人による監査)の連携状況
  • 各種説明資料:監査(監査役監査、内部監査等)について

内容としては、相互連携や内部統制部門との関係や、定期会合の開催頻度、日常の意見交換状況、監査項目、監査結果の共有状況等についての記載となります。

ただ、こちらもテンプレートが一定存在するので、現実問題としてどこまで意味があるのか?に関しては疑問をもたれているのが現実です。


本用語解説は、IPO実務上の観点での記載であり、投資観点での記載は行っておりません。
同様に、情報の提供を目的としたものであり、金融商品の勧誘を目的としたものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました