(取締役会議事録の書き方)役員退職慰労金の廃止と株主総会への上程を行う場合

人事・総務

ここでは取締役会議事録の「役員退職慰労金の廃止と株主総会への上程を行う場合」の書き方例について解説します。
ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

取締役会議事録テンプレート

取締役会議事録

下記の通り、取締役会を開催した。

開催日時:YYYY年MM月DD日hh時mm分
開催場所:当会社の本店会議室
出席者:代表取締役 hogehoge(議長兼議事録作成者)
    取締役 hogehoge
        hogehoge
        hogehoge
        hogehoge
    監査役 hogehoge
        hogehoge
        hogehoge

欠席者:取締役 hogehoge

定刻hh時mm分、代表取締役hogehogeは定款の定めにより議長となり、開会を宣した。

報告事項

① 月次業績報告
議長より別紙の通り、〇月度の月次業績報告があった。
(中略)
.....など詳細な説明があった。

(意見、質疑応答の要旨)

ア.質問内容を記載(取締役 hogehoge)
イ.回答を記載(代表取締役 hogehoge)
ウ.以下略
エ.
オ.

② hogehogeの件
(略)

(意見、質疑応答の要旨)

特になし

ポイント

ここまでは議事録テンプレート部分です。
以下の決議事項からが、役員退職慰労金の廃止と株主総会への上程を行う場合の書き方例になります。

決議事項

第〇号議案 役員退職慰労金制度の廃止および株主総会への上程の件

議長より、取締役の役員退職慰労金制度について、昨今の諸情勢を踏まえ、YYYY年MM月DD日開催予定の第○期定時株主総会終結の時を持って廃止をしたい旨の説明があった。
また、同定時株主総会にて役員退職慰労金制度廃止に伴う打ち切り支給に関する議案を上程し、承認を得た上で、各役員が退任の都度、支払うこととしたい旨の説明がなされた。
議長がその賛否を議場に諮ったところ、本議案は満場一致をもって原案どおり承認可決された。

(意見、質疑応答の要旨)

(省略)

ポイント

役員退職慰労金制度は、役員報酬の一部として活用されてきた制度ですが、業績連動性が無い事や、税制改正、年功賃金の性格を持つものである等の理由により、近年は廃止する企業が増えています。
なお、制度自体の廃止は取締役会決議となりますが、打ち切り支給を行う場合には株主総会決議が必要となります。

以上をもって本取締役会の議事を終了したので、議長は閉会を宣し、hh時mm分に散会した。

上記の決議を明確にするため、この議事録を作成し、議長並びに出席取締役及び監査役は記名押印する。

YYYY年MM月DD日

株式会社〇〇〇〇 取締役会

議長 代表取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     監査役 hogehoge 印

     監査役 hogehoge 印

     監査役 hogehoge 印

スポンサーリンク

関連法令等

コメント

タイトルとURLをコピーしました