(取締役会議事録の書き方)コーポレート・ガバナンスに関する基本方針の決定を行う場合

人事・総務

ここでは取締役会議事録の「コーポレート・ガバナンスに関する基本方針の決定を行う場合」の書き方例について解説します。
ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

取締役会議事録テンプレート

取締役会議事録

下記の通り、取締役会を開催した。

開催日時:YYYY年MM月DD日hh時mm分
開催場所:当会社の本店会議室
出席者:代表取締役 hogehoge(議長兼議事録作成者)
    取締役 hogehoge
        hogehoge
        hogehoge
        hogehoge
    監査役 hogehoge
        hogehoge
        hogehoge

欠席者:取締役 hogehoge

定刻hh時mm分、代表取締役hogehogeは定款の定めにより議長となり、開会を宣した。

報告事項

① 月次業績報告
議長より別紙の通り、〇月度の月次業績報告があった。
(中略)
.....など詳細な説明があった。

(意見、質疑応答の要旨)

ア.質問内容を記載(取締役 hogehoge)
イ.回答を記載(代表取締役 hogehoge)
ウ.以下略
エ.
オ.

② hogehogeの件
(略)

(意見、質疑応答の要旨)

特になし

ポイント

ここまでは議事録テンプレート部分です。
以下の決議事項からが、コーポレート・ガバナンスに関する基本方針の決定を行う場合の書き方例になります。

決議事項

第〇号議案 コーポレート・ガバナンスに関する基本方針決定の件

議長より、○○証券取引所が定める「コーポレートガバナンス・コード」に対応するため、別紙「コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方および基本方針」の通り、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本方針を決定したい旨の詳細な説明があった。
議長がその賛否を議場に諮ったところ、本議案は満場一致をもって原案どおり承認可決された。

(意見、質疑応答の要旨)

(省略)

ポイント

上場会社は証券取引所が定める規則により、コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方について、策定と開示が求められます。
いわゆる“CGコード”です。
このCGコードの決定は取締役会での決議が必要です。

以上をもって本取締役会の議事を終了したので、議長は閉会を宣し、hh時mm分に散会した。

上記の決議を明確にするため、この議事録を作成し、議長並びに出席取締役及び監査役は記名押印する。

YYYY年MM月DD日

株式会社〇〇〇〇 取締役会

議長 代表取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     取締役 hogehoge 印

     監査役 hogehoge 印

     監査役 hogehoge 印

     監査役 hogehoge 印

【バックオフィスDX】フルリモート化までの4STEP 〜ノウハウを全公開! IPOを目指すバックオフィス担当者必見〜
コロナ禍を機に、企業内に存在するいずれの部門も業務のDX化・ペーパーレス化を目指しては来たものの、「何が正解であるのか(何かリスクはないのか)」「Aが改善されるとBという課題が発生... powered by Peatix : More than a ticket.
スポンサーリンク

関連法令等

有価証券上場規程(東証)
(コーポレートガバナンス・コードを実施するか、実施しない場合の理由の説明)
第436条の3
 上場内国株券の発行者は、別添「コーポレートガバナンス・コード」の各原則を実施するか、実施しない場合にはその理由を第419条に規定する報告書において説明するものとする。この場合において、「実施するか、実施しない場合にはその理由を説明する」ことが必要となる各原則の範囲については、次の各号に掲げる上場会社の区分に従い、当該各号に定めるところによる。
(1) 本則市場及びJASDAQの上場会社
 基本原則・原則・補充原則
(2) マザーズの上場会社
 基本原則
 追加〔平成27年6月1日〕、一部改正〔令和2年11月1日〕

(コーポレートガバナンス・コードの尊重)
第445条の3
 上場会社は、別添「コーポレートガバナンス・コード」の趣旨・精神を尊重してコーポレート・ガバナンスの充実に取り組むよう努めるものとする。
 追加〔平成21年12月30日〕、一部改正〔平成24年4月1日、平成27年6月1日〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました