取締役会

取締役会

(取締役会議事録の書き方)新株予約権を消却する場合

ここでは取締役会議事録の「新株予約権を消却する場合」の書き方例について解説します。 新株予約権者からの申し出があった場合等、新株予約権を会社名義の自己新株予約権とする場合があります。 この議案は、当該新株予約権を消却するもので、また登記の添付資料となります。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)譲渡制限新株予約権の譲渡を承認する場合

ここでは取締役会議事録の「譲渡制限新株予約権の譲渡を承認する場合」の書き方例について解説します。 新株予約権はデフォルトでは譲渡を行うことは自由ですが、その発行に際し、譲渡制限が付くことが一般的です。 この事例は、新株予約権者より譲渡承認請求があった場合に対応する際の記載となります。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)転換社債型新株予約権付社債を発行する場合

ここでは取締役会議事録の「転換社債型新株予約権付社債を発行する場合」の書き方例について解説します。 有利発行でなく、また公開会社の場合には取締役会決議により発行が可能です。 ただし、25%以上の希釈化が発生する場合は株主総会決議事項となり、また、有価証券届出書の提出が必要です。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)事業の全部を譲受する場合

ここでは取締役会議事録の「事業の全部を譲受する場合」の書き方例について解説します。 事業の譲受は基本的には株主総会決議事項となりますが、略式譲受や簡易譲受の場合には取締役会決議によることができます。 この事例は簡易譲受の記載例となります。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)事業の一部を譲渡する場合

ここでは取締役会議事録の「事業の一部を譲渡する場合」の書き方例について解説します。 事業の譲渡は基本的には株主総会決議事項となりますが、略式譲渡や簡易譲渡の場合には取締役会決議によることができます。 この事例は簡易譲渡の記載例となります。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)子会社株式を売却により譲渡する場合

ここでは取締役会議事録の「子会社株式を売却により譲渡する場合」の書き方例について解説します。 子会社株式の売却が株主総会決議事項となるのは、子会社株式の帳簿価格が総資産の20%を超え、当該子会社の議決権の過半数を失う場合です。 本事例では取締役会決議での子会社売却となります。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)信託方式で自己株式取得を行う場合

ここでは取締役会議事録の「信託方式で自己株式取得を行う場合」の書き方例について解説します。 自己株式の取得は基本的には株主総会決議事項となりますが、一定の要件を満たす場合、取締役会決議によることができます。 ここでは信託方式、つまり信託会社の自己株式取得信託を利用する方式の記載例を提示します。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)ToSTNeT-3方式で自己株式取得を行う場合

ここでは取締役会議事録の「ToSTNeT-3方式で自己株式取得を行う場合」の書き方例について解説します。 自己株式の取得は基本的には株主総会決議事項となりますが、一定の要件を満たす場合、取締役会決議によることができます。 ここではToSTNeT-3方式、つまり事前公表型の自己株式立会外買付取引による方法の記載例を提示します。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)取締役の競業取引の報告を行う場合

ここでは取締役会議事録報告事項の取締役の競業取引の報告を行う場合の記載について例示します。 競業取引は、その取引後、遅滞なく報告を実施することが求められますが、継続的な取引となる場合には定期的な報告で良いとされています。 取締役の業務執行状況の報告が最低3ヶ月に1回なので、それと併せて実施するのが適当でしょう。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)役付取締役の選定を行う,役付取締役に業務担当を割り当てる場合

ここでは取締役会議事録の「役付取締役の選定を行う,役付取締役に業務担当を割り当てる場合」の書き方例について解説します。 比較的多くの会社が役付取締役について定款で定めており、その選定を行う際の記載事例となります。 併せて、役付取締役に業務担当を割り当てる場合も併記します。
タイトルとURLをコピーしました