取締役会

取締役会

(取締役会議事録の書き方)所在不明株主の株式を処分する場合

ここでは取締役会議事録の「所在不明株主の株式を処分する場合」の書き方例について解説します。 競売の記載例ですが、通常通り売却、会社が買い取る、という方法も存在します。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)定款規定に基づき取締役の責任を一部免除する場合

ここでは取締役会議事録の「定款規定に基づき取締役の責任を一部免除する場合」の書き方例について解説します。 公開会社・非公開会社で対応が一部異なります(公開会社の場合、公告が必要となります)。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)役員等賠償責任保険契約(D&O保険)の締結を行う場合

ここでは取締役会議事録の「役員等賠償責任保険契約(D&O保険)の締結を行う場合」の書き方例について解説します。 役員全員が対象となる場合、特定の役員のみが対象となる場合で、記載方法等がわかれます。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)同じ市区町村内で本店移転(本社移転)を行う場合

ここでは取締役会議事録の「同じ市区町村内本店移転(本社移転)を行う場合」の書き方例について解説します。 同じ市区町村内での移転の場合、定款の変更は不要となります(登記は必要です)。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)取締役が競業他社で兼職を行う場合

ここでは取締役会議事録の「取締役が競業他社で兼職を行う場合」の書き方例について解説します。 取締役が自社の事業と競合する他社の兼職を行う場合、競業取引となり取締役会決議を経る必要があります。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)退任取締役に退職慰労金を支給する場合

ここでは取締役会議事録の「退任取締役に退職慰労金を支給する場合」の書き方例について解説します。 退職慰労金については、定款に定めるか、株主総会の決議によるかのいずれかですが、株主総会の決議を経た前提の記載としています。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)基準日後の株主に対し議決権を付与する場合

ここでは取締役会議事録の「基準日後の株主に対し議決権を付与する場合」の書き方例について解説します。 決定権者等について明確な定めはありませんが、一般的には取締役会決議と認識されています。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)コーポレート・ガバナンスに関する報告を行う場合

ここでは取締役会議事録報告事項のコーポレート・ガバナンスに関する報告を行う場合の記載について例示します。 コーポレート・ガバナンス・コードの中には、取締役会が定期的に対応する項目がいくつか存在します。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)内部統制システムの運用状況報告を行う場合

ここでは取締役会議事録報告事項の内部統制システムの運用状況報告を行う場合の記載について例示します。 会社法上の大会社は、内部統制システムに関する事項について、決定を行う必要があります。 また、この内部統制システムについて、運用状況を取締役会に報告を行うことは一般的に行われています。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)訴訟を提起された場合

ここでは取締役会議事録報告事項の訴訟を提起された場合の記載について例示します。 なお、上場企業の場合、重大な訴訟の定期があった場合、「当社に対する訴訟の提起に関するお知らせ」のお知らせ、という形で適時開示を行う必要がある可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました