取締役会

取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)株主提案権の行使書面を受領した場合

ここでは取締役会議事録報告事項の株主提案権の行使書面を受領した場合の記載について例示します。 定時株主総会の招集決定決議以前に株主提案権が行使された前提です。 上場企業の場合、株主提案権の行使書面を受領したら、「株主提案権の行使に関する書面」の受領のお知らせ、という形で適時開示を行う必要があります。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)業績報告関連の記載パターン

ここでは取締役会議事録報告事項の業績報告関連の記載パターンについて例示します。 報告を行った取締役の報告内容について概要を明記する事が望まれます。 別紙を活用する方法も考えられますが、その別紙についてどのような説明を行ったのか、記載するようにしましょう。
取締役会

取締役会議事録テンプレート集

ここは取締役会議事録テンプレートのポータルです。 必要な項目を参照してください。
取締役会

法務省の取締役会議事録電子署名容認、登記に使えるのか?

日経新聞より、法務省が取締役会議事録の電子署名を容認、という報道を出しています。 議事録押印でのポイントは、登記に使えるか否か、であり今回の報道ではそこに触れていません。 おそらく、今までも容認されていたことを明確にしただけだと思われます。 登記に使えるか否かは情報が少なく、現状では判断ができません。
取締役会

社外取締役の任期を短縮したい場合の実務的手順

ベンチャー企業も大きくなってくると、社外取締役を選任するようなステージがいつかは訪れます。 その際、候補者の方が適切に役目を果たしてくれるのか不安に思うのは社長ならば当然でしょう。 ここでは、社外取締役の任期を、社内取締役より短く設定し、適切な方なのか否かについてリスクを下げる方法について解説していきます。
取締役会

WEB会議での取締役会における即時性、双方向性の確認

この2,3ヶ月でWEB会議が広く行われ、慣れた方も多いでしょう。 取締役会は、通常の会議と異なり、配慮しなければならない点が複数あります。 特にWEB会議のような方法では、最悪、取締役会が無効となるリスクもあります。 ここでは、WB会議での取締役会における運営上の注意点を解説していきます。
取締役会

取締役会議事録・株主総会議事録の電子化~リモート対応にあわせたハンコ廃止はどこまでできるか~

全員がWEB会議参加の取締役会が増えてきました。 あわせて出る悩みが「議事録の押印」、つまりハンコです。 今回は議事録の電子化、つまりハンコ廃止はどこまでできるのかを解説していきます。 結論、社内文章としての保存と、登記申請用の議事録で対応が異なります。
タイトルとURLをコピーしました