IPO・バリュエーション

IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)遡及監査とは

ここでは遡及監査について用語解説していきます。 IPO進行上、遺憾ながら遡及監査となってしまう事例を稀に見かけます。 IPO成功の不確実性が非常に高まるため、遡及監査は可能な限り避けたい事象となります。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)実査について

ここでは実査について解説します。 ほぼ全ての会社において行われる監査プロセスの一つです。 存外に軽視されがちなのですが、「あわない」という事が許されない監査対応の一つです。 適切に認識し、対応していく事が必要でしょう。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)棚卸,棚卸監査について

ここでは棚卸について解説します。 特に小売業において重要性が増すのが棚卸です。 存外に軽視されがちなのですが、IPO進行上の会計論点としては重い内容です。 適切に認識し、対応していく事が必要でしょう。
IPO・バリュエーション

職場におけるハラスメントの防止に関する規程~テンプレート~

近年は職場におけるハラスメントに対して、非常に厳しい目が注がれています。 ここでは「職場におけるハラスメントの防止に関する規程」に関してテンプレートを提示します。 規程を制定する事もそうですが、実態として適切に運用できている事が肝要です。 ハラスメントに限らず労務全般のトラブルはIPOにクリティカルに影響します。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)IPOディスカウントとは

IPO時の想定発行価格にはIPOディスカウントというものが適用されます。 そのため、バリュエーション・資本政策上においてIPOディスカウントを考慮に入れておく事が前提となります。 ここではIPOディスカウントについて用語解説していきます。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)三様監査とは

監査法人、監査役会、そして内部監査による監査の事を三様監査と言います。同じ監査機能を担うとは言え、それぞれ目的や役割が異なります。ここでは、三様監査について用語解説していきます。 三様監査とは 監査役設置会社において三様監査と...
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)内部監査とは?

内部監査は、監査法人(会計監査人)による監査、そして役員である監査役による監査とは別に、経営者の指揮の下に行われる監査の事です。 ここでは、内部監査について用語解説していきます。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)債務超過とは

経済系のニュース記事を読んでいるとチラホラ登場する用語に「債務超過」というものがあります。 倒産しそうな危険な状態、という風なイメージを抱かれがちな言葉ですが、どのような意味なのでしょうか? ここでは債務超過について、用語解説していきます。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)上場審査「形式基準」とは

IPOを成功させるには証券取引所による上場審査をクリアする必要があります。 そして、この上場審査には、形式基準と実質基準があります。 今回は、形式基準について用語解説していきます。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)上場審査「実質基準」とは

IPOを成功させるには証券取引所による上場審査をクリアする必要があります。 そして、この上場審査には、形式基準と実質基準があります。 今回は、実質基準について用語解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました