IPO・バリュエーション

IPO・バリュエーション

予算管理規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは 予算管理規程のテンプレートを提示します。 予算の編成から実際の管理・運営までを規程したものとしています。 意外にも予算の編成は、こなれた会社でもどこが何に責任を持ち、進行して行くのか、揉める光景も珍しく無いので、明確に設定し会社の文化として定着するよう、運用する事が肝要でしょう。
IPO・バリュエーション

組織規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは組織規程のテンプレートを提示します。 組織図を作成する事は一般的ですが、その組織図の元となるルールが組織規程です。 決裁権限規程等ともリンクする規程ですので、重要性が高い規程と捉えると良いでしょう。
IPO・バリュエーション

会議体規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは会議体規程のテンプレートを提示します。 会議体規程の意義は、どの会議体が何を目的としていて、どのような決裁権限を有しているのか?(何を決めるのか?)を明確にする点です。 ようは、意思決定機関の定義づけであり、また決裁権限規程の一種でもあるわけです。
IPO・バリュエーション

印章管理規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは印章管理規程のテンプレートを提示します。 株式会社である以上、必ず実物の印鑑を作成する必要があります(いわゆる実印)。 IPO進行フェーズでは、明確に印章管理について定めて、ルールの運用を図らなければいけません。
IPO・バリュエーション

関係会社管理規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは関係会社管理規程のテンプレートを提示します。 ベンチャー企業においても事業の数に応じて子会社等を設立し、別に管理する場合が珍しくありません。 IPOを目指す段階に入ると、明確に連結決算をはじめとした関係会社管理が必須になります。
IPO・バリュエーション

知的財産管理規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは知的財産管理規程のテンプレートを提示します。 この規程では、既にある知的財産権等に対して、侵害の恐れがある際の対応を定めています。 多くの会社では、自社名やロゴといった商標権まわりが中心となるので、この位の記載が一般的になるかと思います。 知的財産権を取得する規程については別に定めます。
IPO・バリュエーション

文書管理規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは文書管理規程のテンプレートを提示します。 会社で保管する文書は、税務対応(税務調査における書類提示)と、何かしらの訴訟案件に巻き込まれた際の証拠としての利用があります。 「万が一」的性格も有り、今のご時世、どこまで本質的に必要なのかは微妙な事も多いですが、法定保存期間に応じて管理するのがベターでしょう。
IPO・バリュエーション

規程等管理規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは規程等管理規程のテンプレートを提示します。 株式会社における規程管理のルール大元になりますので、IPOフェーズに突入した段階で制定するのが望ましいでしょう。
IPO・バリュエーション

株式会社規程類テンプレート

ここは株式会社における規程類のテンプレートのポータルになります。 全ての会社に対応できるような網羅性は流石に無いですが、大体の会社においてIPOを目指す場合に必要なものを列挙しています。
IPO・バリュエーション

株式取扱規程~テンプレートと作成のポイント~

ここでは株式取扱規程のテンプレートを提示します。 株主名簿管理人を定めた時点で制定するのが良いでしょう。 IPO進行上、必須の規程となります。 プレーンな内容ですが、あまりいじるポイントも無いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました