バイアス

ビジネスと心理学

衆愚の罠をさけ集合知の力を活用するためには?

たくさんの人の意見や知識を集めて分析すると、そこからより高度な知性を見出すことができるのが集合知の力です。 しかし、集合知は衆愚(烏合の衆と化した大衆による無定見な状態)に陥るリスクも存在します。 衆愚の罠をさけ集合知の力を活用するためにはどうすれば良いのでしょうか?
マネジメント・リーダーシップ

「たまたま」により起きる弊害~人事評価を如何に考えるか?~

運も実力の内、という言葉があるにはありますが、世の中において成功するか否かの要素に「運」のウェイトが大きいと、一部で言われています。 この点に関しては、一定の研究もされており、「運」もしくは「たまたま」により起きる弊害が指摘されています。
フェルミ推定・ロジカルシンキング

ナルシストと後知恵バイアス~反省し学ぶために~

物事が起きたあとでそれが上手く行った時に「そうだと思っていた。」という発言。 もしくは、失敗した時に「こんなことになるとは誰も予想できなかった。」という発言。 聞いたことはないでしょうか? 後知恵バイアスというもので、ナルシストが陥りやすいバイアスの一つです。 そして、この後知恵バイアスに囚われると、反省し学ぶ能力が低下します。
フェルミ推定・ロジカルシンキング

「終わり良ければ総て良し」というバイアス~何故、ワクチンを忌避する人が出るのか?~

新型コロナウイルス感染症の対策の一つであるワクチンが普及しはじめましたが、このワクチンに対して忌避の反応を示す方は一定数存在します。 何故、このような反応になるのでしょうか? ここには一つのバイアスが潜んでいると考えられます。 そして、このバイアスは日常全般、仕事にも影響を与えている可能性があります。
生産性・業務効率化

「自分にはやらない治療」が何故発生するのか?~医者のバイアス~

新型コロナウイルス感染症の拡大は、良くも悪くも人々の健康意識を高める結果につながりました。 そのような中、医者が「自分にはやらない治療」と題して、様々な主張をするケースも見かけるようになりました。 何故、このような現象が発生するのでしょうか? 医者のバイアスが関係していそうです。
フェルミ推定・ロジカルシンキング

【今日のロジカルシンキング】思考のバイアスを除去するテクニック

「常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。」という言葉は、かのアインシュタインの言葉らしいですが、まぁ、この通りで、人間は様々な偏見、バイアスに雁字搦めになっています。 今回は、このバイアスから、ほんの少しでも逃れる思考のテクニックについて紹介します。
生産性・業務効率化

反対意見も無視せずに聞こう

今回は「反対意見も無視せずに聞こう」というテーマで書いていきます。 先日、このようなツイートをしました。
生産性・業務効率化

成功事例をそのまま真似しても意味がない~生存者バイアス~

生存者バイアス、という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 世の中には、様々な成功事例があふれています。 これらは、体系化されているものであったとしても、生存者バイアスにとらわれている場合が珍しくありません。 今回は、成功事例をそのまま真似しても、あまり意味が無いよ、ということを考えていきます。
ビジネスと心理学

改めて考える正常性バイアス~新型コロナウイルスはどこまで脅威か?~

新型コロナウイルスの拡大にあわせて「正常性バイアス」という言葉が広がっています。 どうも「軽視しすぎている」ということらしいです。 ここでは、正常性バイアスについて解説すると共に、より怖がるべきものがあるのでは?という話を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました