ビジネスと心理学

ビジネスと心理学

ビジネスに役立つ「バイアス」まとめ

ビジネスに役立つ「バイアス」に関する記事のまとめになります。
ビジネスと心理学

怒りっぽい人は過去の失敗から学ばない可能性がある

世の中には怒りっぽい人が、それなりの割合で存在します。 そして、怒りっぽい人は過去の失敗から学ばず、次につなげられない可能性があります。 他人を変えるのは難しいですが、自分を変えるのであれば自己努力で可能です。 自覚がある人に向けて改善のためのヒントを提示します。
ビジネスと心理学

医療関連のニュースや記事を読むときに注意しておきたいバイアス各種

医療関連のニュースや記事が、時代情勢も反映して、様々な物が飛び交っています。 その質やスタンス、情報の粒度もバラバラです。 ここでは、医療関連のニュースや記事を読むときに注意しておきたいバイアス各種について紹介をします。
ビジネスと心理学

直感での判断は自信につながる~ただし留意点も~

「直感」には魅惑的な響きがあります。 自分自身の内側から出る考えは、まるで本当の自分自身を反映しているかのように感じます。 そして、それは心理学的には正しいことのようです。 ただし、直感は多くのエラーにつながりやすく留意点もあります。
ビジネスと心理学

人間関係の心理/バイアス5選

人間関係は古今東西老若男女問わない共通の悩みです。 良好な人間関係は人の身心、そして人生に大きな影響を与えます。 充足された自尊心や自信、成長、幸福度にもつながりますし、一方でストレスやうつと言ったマイナスにもつながり得ます。 今回は人間関係の心理/バイアスについて5つ程ピックアップします。
ビジネスと心理学

人は難しい問題に直面すると無意識に簡単な問題に置き換え答えを間違える

難しい問題に直面した時、人の思考回路はどのようになるでしょうか? 人は、このような時、無意識に簡単な問題に置き換えて考える傾向があります。 また、その結果として答えを誤ることもしばしばあります。
ビジネスと心理学

衆愚の罠をさけ集合知の力を活用するためには?

たくさんの人の意見や知識を集めて分析すると、そこからより高度な知性を見出すことができるのが集合知の力です。 しかし、集合知は衆愚(烏合の衆と化した大衆による無定見な状態)に陥るリスクも存在します。 衆愚の罠をさけ集合知の力を活用するためにはどうすれば良いのでしょうか?
ビジネスと心理学

楽しいから笑顔になるのか?笑顔だから楽しいのか?

表情フィードバック仮説というものがあります(「表情がフィードバックされて、その表情の感情を引き起こす」という仮説)。 これを受けて、何はともあれ笑おう、笑えば楽しくなる、というアドバイスを見聞きすることがあります。 果たして、これは正しいのでしょうか?
ビジネスと心理学

内向的な性格な人は無理に外向的に振舞おうとしない方が良い

一般的に外向的であることは良しとされています。 また、多くの心理学的研究により、外向的な行動はポジティブな感情を高め、幸福感を抱くことにつながるという知見が示されています。 しかし、これは全ての人に当てはまるとは限りません。 内向的な性格な人は無理に外向的に振舞おうとしない方が良いのです。
ビジネスと心理学

“交渉”は後々の関係性に悪影響を及ぼす可能性がある

仕事でも生活でも。 人は日常的に何かしらの“交渉”を行っています。 この“交渉”ですが、取扱いを間違えると後々の関係性に悪影響を及ぼす可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました