マネジメント・リーダーシップ

マネジメント・リーダーシップ

経験値が豊富である程、他人の痛みに鈍感になるかもしれない

誰か他人が痛いと感じている時、例えば注射をされているような場面の時、あたかも自分自身が注射をされているかのように痛みを「共感」することはありませんか? 人には、他人の痛みを「共感」する機能が備わっています。 しかし、経験値が豊富である程、他人の痛みに鈍感になっていく可能性があります。
マネジメント・リーダーシップ

部下に対する最適なフィードバックの方法は何か?

“フィードバック”の重要性は、特に近年強調して語られています。 その中で、多くの管理職経験者が、様々に“成功体験”を語り、フィードバック方法についてその知見が発信されていますが、科学的な調査は少数でした。 そのような中、最適なフィードバック方法について探る、興味深い研究があります。
マネジメント・リーダーシップ

はじめてマネジメント職につく新任マネージャーにつける部下の最適人数は?

文字通りはじめてマネジメント職につく新任マネージャーを任命する場合、どれだけの部下をつけるのが最適でしょうか? はじめてのマネジメント職だから、1人でしょうか? 実は、これは失敗のリスクを高めます。 最適な人数は3,4人です。
マネジメント・リーダーシップ

「エア権限」のすすめ~2つ上の役職の立場で考えてみる~

色々と意識高い感じの本や記事で「2つ上の役職の立場で考えてみる」というアドバイスが書かれていたりします。 これは、まあその通りだと思うのですが、じゃあ具体的にどうすれば良いの?というのは疑問に思うはず。 ここでは「エア権限」という考えで、このアドバイスを実行する方法を書いていきます。
マネジメント・リーダーシップ

むしろ「良いストレス」がある~ストレスに対する誤解~

ストレスという言葉から、ポジティブなイメージを抱く人は少ないのでは無いでしょうか? 辛い思いをし、心身に負担をかける悪いもの。 そのようなイメージが一般的かと思います。 ここでは、むしろ「良いストレス」があるよ、という点について書いていきます。
マネジメント・リーダーシップ

何人の部下を見れますか?~リモートワーク時代のスパン・オブ・コントロール~

リモートワークが普及し、フル・リモートの形態、ハイブリッド型の運用、様々な試みが各社でされています。 ここで疑問に思うのが、このリモートワーク時代、どれだけの人数の部下をマネジメントできるのであろうか?という点です。 スパン・オブ・コントロールの考え方を前提に、考察していきます。
マネジメント・リーダーシップ

【部下のマネジメントと一緒】休業要請に応じないパチンコ店の店名公表は逆効果

非常に多くのリアル店舗が営業自粛や短縮営業などに協力している一方、一部の「遊技場」、つまりパチンコ店は休業要請に応じていません。 そのような中、各自治体は店名の公表という「晒し」による処罰に動いています。 しかし、これは逆効果です。 ビジネスにおける部下のマネジメントと一緒です。
マネジメント・リーダーシップ

議論の質を高める反論のカルチャー~デビルズアドボケイトとシックスハット法~

会議をしていて誰も意見を述べない会議や、けんか腰の会議、誰かを「詰める」ためだけの会議を経験したことはありませんか? 反論は議論の質を高めるのに、有効活用されず、時間を浪費するだけのものになっている状況を多々見受けます。 今回は、反論を有効活用し、議論の質を高めるための方法について考えていきます。
マネジメント・リーダーシップ

「悪者探し」はほどほどに~責任追及より原因究明が大事~

トラブルが発生すると、責任追及を行いたいという、処罰感情が生まれるのが人の心です。 今も、新型コロナウイルスの影響で、一部大学に対する批判や、別の会社での感染デマなど、悪者探し、魔女狩りの様相を呈しています。 ここでは、責任追及と原因究明の両方が大事で、バランスが重要だよ、という話をしていきます。
マネジメント・リーダーシップ

【人生のスパイス】ピンチをチャンスに変える考え方

不思議なことに、ビジネスをやっているとピンチが定期的にやってきます。 来たら来たで憂鬱なものですが、慣れてくると楽しくなってくるのもまたピンチです。 今回は、ピンチをチャンスに変える考え方と題して、ピンチは「人生のスパイス」だというスタンスで書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました