生産性・業務効率化

生産性・業務効率化

生産性をあげる可能性があると言われているホワイトノイズは耳に悪いかもしれない

ホワイトノイズは生産性をあげる可能性があると言われています。 以前にこちらで書いた記事では、集中力に欠ける人にとっては生産性をあげる効果が、一方で集中力がある人にとっては下げる効果がありそうだ。ただ、適度な騒音レベルというものがあるようで、人によるかもしれない、と結論づけています。 このホワイトノイズですが、長時間聞くと、耳に悪いかもしれません。
生産性・業務効率化

気温(もしくは室温)による生産性への影響は?

暑い日が続き、熱中症が不安になる季節です。 照度や騒音等について、生産性との関係が多く研究されていますが、果たして気温(もしくは室温)と生産性の関係はどうなのでしょうか?
生産性・業務効率化

睡眠不足はパフォーマンスを下げるだけでなく、リスク判断を歪める

睡眠不足は酩酊と同じくらいに、人のパフォーマンスを下げる悪影響がある、と言われるようになりました。 この話は、多くの方が実体験としても同意するものでしょう。 そして、睡眠不足はパフォーマンスへの悪影響だけでなく、リスク判断を歪める可能性もあります。
生産性・業務効率化

適度な騒音はパフォーマンスをあげるのか?さげるのか?

仕事をする上において、基本的には静かであることが求められます。 一方で、適度な騒音があること、例えばホワイトノイズはパフォーマンス向上効果がある、という説もあります。 果たして、適度な騒音はパフォーマンスをあげるのでしょうか?それともさげるのでしょうか?
生産性・業務効率化

成功と失敗をわける要因は?粘り強さではなく、失敗への対処が重要

失敗は成功のもと、と言われますが、果たしてそれは正しいでしょうか? ビッグデータにより成功パターンと失敗パターンを分析した研究では、非常に興味深い統計的傾向が示されています。 そして「粘り強さではなく、失敗への対処が重要」という知見が導き出されました。
生産性・業務効率化

自主的に学習することの重要性~確証バイアスの意外な機能~

いわゆる“確証バイアス”と呼ばれるものがあります。 自分が欲しい情報等を選択的に取り入れ、意思決定を誤らせてしまう、一般的にはネガティブに語られるものですが、実は意外にも学習において重要な役割を果たしています。 ここでは自主的に学習する事の重要性と確証バイアスの関係性について見ていきます。
生産性・業務効率化

仕事中の“横やり”は本当に効率を下げるのか?

仕事中に、いわゆる“横やり”が入ると、集中力が途切れてしまい、効率を下げると言われています。 特にエンジニアやクリエイティブ業の方を中心に嫌われる、この“横やり”ですが、本当に効率を下げるのでしょうか? 明確な答えが無い問いですが、一つ示唆となる研究がありました。 どうやらケースバイケースのようです。
生産性・業務効率化

リスクを取れる能力を身に着けるためには?

いわゆる“成功”のためには、適切にリスクを取ることが必要とされています。 しかし、多くの方がマイナスのリスクを過大に評価し、現実実際の行動に移せていません。 ここでは、リスクを取れる能力を身に着けるためのヒントについて考えていきます。
生産性・業務効率化

勉強メモをとるにはキーボードより紙とペンで手書きが良い

勉強にパソコンやタブレットPCを使うことが珍しくなくなり、勉強メモをキーボードで取る方も多いでしょう。 ここで疑念がよく指摘されるのが、勉強メモを取る上において、キーボードと手書き、果たしてどちらが良いのか?という疑問です。 結論から言うと、紙とペンを用いた手書きが勉強には有利です。
生産性・業務効率化

「自分にはやらない治療」が何故発生するのか?~医者のバイアス~

新型コロナウイルス感染症の拡大は、良くも悪くも人々の健康意識を高める結果につながりました。 そのような中、医者が「自分にはやらない治療」と題して、様々な主張をするケースも見かけるようになりました。 何故、このような現象が発生するのでしょうか? 医者のバイアスが関係していそうです。
タイトルとURLをコピーしました