ライザップ

経営企画

60億円赤字のライザップを例に財務資料の見方を解説

新型コロナウイルスの影響で、多くの会社の業績がダメージを受けています。 決算資料を見る機会も多くなったのではないでしょうか? ここでは、ライザップ社を例に財務資料の見方を解説していきます。 スタンスとしては、競合他社の経営企画担当者などが、競合企業の財務状況をざっとレビューするようなイメージ感です。
タイトルとURLをコピーしました