健康

仕事と健康,運動

健康のための1日の歩数は1万歩ではなく1日7,000歩から長生きにつながる

健康のためにウォーキングは様々なところで推奨されており、歩数の基準として「1日1万歩」が標準的な数字として頻繁に取り上げられます。 最近の研究では、1万歩以上は健康効果としては横ばいになることがわかっています。 また、必ずしも1万歩を歩く必要はなく、7,000歩からでも高い健康効果が得られることも分かっています。
仕事と健康,運動

冷たいシャワーを浴びるとメンタルヘルスの改善につながる可能性

冷たいシャワーを浴びることによる健康増進の効果や、認知機能向上の効果が知られています。 その他にもメンタルヘルスの改善についても報告をする研究があります。 霊長類が数百万年の進化の過程で経験してきた体温の一時的な変化(寒中水泳など)などの生理的なストレス要因を欠いた生活が脳の機能不全を引き起こしている可能性がある、とのことです。
生産性・業務効率化

冷たいシャワーを浴びると認知機能が向上する可能性がある模様

暖かいお風呂に入ることの効能は様々に知られており、認知症の予防や、睡眠の質の改善など、多岐にわたります。 冷たいシャワーを浴びることについても健康効果が知られており、病気になるリスクが減るという研究報告が出ています。 更に、冷たいシャワーを浴びると認知機能が向上する可能性についても報告がされています。
仕事と健康,運動

冷たいシャワーを浴びると病気になるリスクが減る可能性

暖かいお風呂に入ることの効能は様々に知られており、認知症の予防や、睡眠の質の改善など、多岐にわたります。 一方で、冷たいシャワーを浴びることによる健康効果もあるようで、病気になるリスクが減る可能性も報告されています。 ある研究では、温かいシャワーを浴びた後に冷たいシャワーを浴びると、病欠率が29%減少したそうです。
仕事と健康,運動

劇場や美術館などに行く芸術に楽しむ人は長期的な死亡リスクが低い模様

イギリスの50代以上の7,000人以上を対象とした、余暇の使い方の調査で、美術館、博物館、コーンサートなどに定期的に行く人は寿命が長い傾向があることがわかっています。 あくまでも相関性が強い話であり、因果関係を説明したものではないのですが、芸術活動が精神的・肉体的な健康を増進させる可能性があります。
仕事と健康,運動

昼寝を頻繁にする人は若くして亡くなる傾向がある模様

睡眠は人の健康に非常に重要なものです。 しかしながら、昼寝を頻繁にする人は、そうでない人よりも若くして亡くなる傾向がある、という研究もあります。 これは因果関係を示すものではなく、疲労や疾病が要因と考えられますが、健康を害するサインであるとは言えます。
仕事と健康,運動

睡眠不足は身心に悪影響を与えるのみならず肥満や歳をとった時の体力にも悪影響を与える

睡眠不足がパフォーマンス、つまりは生産性に悪影響を与える、ということは非常に知られています。 そして、生産性に悪影響を与えるだけでなく身心にダメージを与え、幸福を感じにくくなってしまうこと、また肥満や歳をとった時の体力にもマイナスの影響を与えることが研究でわかっています。
仕事と健康,運動

【若い内からの認知症予防】お風呂と認知症リスクの関係

運動と認知症リスクの関係は比較的よく知られています。 一方で、お風呂と認知症リスクの関係は、あまり知られていないのではないでしょうか。 ここでは、お風呂と認知症リスクの関係について科学的知見を見ていきます。
仕事と健康,運動

【若い内からの認知症予防】空気と認知症リスクの関係

運動と認知症リスクの関係は比較的よく知られています。 一方で、空気と認知症リスクの関係は、あまり知られていないのではないでしょうか。 ここでは、空気と認知症リスクの関係について科学的知見を見ていきます。
仕事と健康,運動

【若い内からの認知症予防】血圧と認知症リスクの関係

運動と認知症リスクの関係は比較的よく知られています。 一方で、血圧と認知症リスクの関係は、あまり知られていないのではないでしょうか。 ここでは、血圧と認知症リスクの関係について科学的知見を見ていきます。
タイトルとURLをコピーしました