取締役会

取締役会

(取締役会議事録の書き方)会社規程の改定を行う場合

ここでは取締役会議事録の「会社規程の改定を行う場合」の書き方例について解説します。 取締役会に決議事項として付議をする基準を定めた決裁権限規程の付表を改定する事例をイメージした記載となります。 他の規程の改定も同様で、改定する理由と新旧対照表を付して上程する形となります。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)利益相反取引(直接取引)について承認を行う場合

ここでは取締役会議事録の「利益相反取引(直接取引)について承認を行う場合」の書き方例について解説します。 この事例では、自社の取締役が別の会社の代表取締役を務めており、当該別の会社から事業用の資産を購入する場合の記載を想定しています。 登記に関係する議案となった場合には、司法書士の照会をとるようにしましょう。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)利益相反取引(間接取引)について承認を行う場合

ここでは取締役会議事録の「利益相反取引(間接取引)について承認を行う場合」の書き方例について解説します。 この事例では、自社の取締役が別の会社の代表取締役を務めており、当該別の会社に対して債務保証を行う場合の記載を想定しています。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)子会社保有の自己株式取得を行う場合

ここでは取締役会議事録の「子会社保有の自己株式取得を行う場合」の書き方例について解説します。 自己株式の取得は基本的には株主総会決議事項となりますが、一定の要件を満たす場合、取締役会決議によることができます。 ここでは子会社が保有する親会社株式、つまり自己株式を取得する場合の記載例の提示となります。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)第三者割当てによる新株発行を行う場合

ここでは取締役会議事録の「第三者割当てによる新株発行を行う場合」の書き方例について解説します。 公開会社で有利発行でなければ、取締役会決議での発行が可能です。 非常にセンシティブな領域なので、弁護士および証券会社の確認の元、実施するのが必須です。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)第三者割当てによる新株発行(有利発行)を行う場合

ここでは取締役会議事録の「第三者割当てによる新株発行(有利発行)を行う場合」の書き方例について解説します。 有利発行なので、株主総会決議を経た前提となります。 非常にセンシティブな領域なので、弁護士および証券会社の確認の元、実施するのが必須です。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)第三者割当てによる新株予約権の発行を行う場合

ここでは取締役会議事録の「第三者割当てによる新株予約権の発行を行う場合」の書き方例について解説します。 上場企業において、まとまったボリュームの資金調達を行うことを目的とした新株予約権を前提としています。 非常にセンシティブな領域なので、弁護士および証券会社の確認の元、実施するのが必須です。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)ライツ・オファリングによる資金調達を行う場合

ここでは取締役会議事録の「ライツ・オファリング(ノンコミットメント型/上場型新株予約権の無償割当て)により資金調達を行う場合」の書き方例について解説します。 ライツ・オファリングは、上場会社が既存株主に新株予約権の発行を発行する形で資金調達を行うスキームです。 弁護士および証券会社の確認の元、実施するのが必須です。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)従業員に新株予約権の割当てを行う場合

ここでは取締役会議事録の「従業員に新株予約権の割当てを行う場合」の書き方例について解説します。 株主総会での発行決議を経た前提となります。 順序として、株主総会の招集時に発行を決議し、総会後に割当てを決議する、という流れも考えられます。 新株予約権は法的にセンシティブな領域なので弁護士の照会を取るのが良いでしょう。
取締役会

(取締役会議事録の書き方)自己新株予約権の取得を行う場合

ここでは取締役会議事録の「自己新株予約権の取得を行う場合」の書き方例について解説します。 新株予約権の中でも取得条項付新株予約権について、取得により自己新株予約権とする場合となります。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
タイトルとURLをコピーしました