株主総会

株主総会

(株主総会議事録の書き方)商号変更(定款の一部変更)を行う場合

ここでは株主総会における商号変更を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 なお、商号変更は定款の一部変更議案となり、株主総会の特別決議が必要です。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)欠損補填のための減資を行う場合

ここでは株主総会における欠損補填のための減資を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 なお、欠損補填のための減資は、株主総会の普通決議として出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)剰余金の処分(配当)を行う場合

ここでは株主総会における剰余金の処分(配当)を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 なお、剰余金の処分(配当)議案は、株主総会の普通決議なので出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)計算書類の承認を行う場合

ここでは株主総会における計算書類の承認について、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 定款の定めにより、普通決議に関して3分の1に緩和している場合には、その通りに修正が必要です。
株主総会

(株主総会議事録)報告事項の書き方パターン

ここでは株主総会の報告事項について、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 事業報告は報告事項となり、計算書類については承認事項となりますが、会計監査人設置会社で無限定適正意見が出ており、監査役等からも相当でないとの意見が無い場合には、計算書類についても報告事項となります。
株主総会

(株主総会議事録)監査報告を求めた場合の書き方パターン

ここでは株主総会の報告事項前に、(監査役会を含む)監査役による監査報告を求めた場合の、株主総会議事録の書き方パターンについて例示します。 機関設計によっては株主総会における監査報告は必須ではありませんが、一般的には任意で報告を行っていると言えます。
株主総会

株主総会議事録テンプレート、書き方のポイント(一括審議方式)

ここでは株主総会のテンプレート(一括審議方式)を提示すると共に、書き方のポイントについて解説します。 近年はガバナンス強化が求められており、特にIPO準備企業においては定型的な議事録では無く、実態の伴う株主総会運営が必要です。 株主総会議事録の充実は、その証明にもなるので、きちんと内容を理解し記載するようにしましょう。
株主総会

株主総会議事録テンプレート、書き方のポイント(個別審議方式)

ここでは株主総会のテンプレート(個別審議方式)を提示すると共に、書き方のポイントについて解説します。 近年はガバナンス強化が求められており、特にIPO準備企業においては定型的な議事録では無く、実態の伴う株主総会運営が必要です。 株主総会議事録の充実は、その証明にもなるので、きちんと内容を理解し記載するようにしましょう。
株主総会

株主総会の「委任状」回収をクラウド型電子契約でやろう

VCとかが入ったベンチャー企業では、株主総会のに関して委任状を集めるのが一般的です。 この委任状、紙での回収が通常なのですが、非常に面倒。 そこでクラウド型電子契約サービスを活用すると便利になります。
株主総会

種類株主総会の省略手続簡素化方法(テンプレート有り)

ベンチャー企業ですと、資金調達の関係で種類株式(優先株式)を発行する場合が多いです。 この種類株式は、株主総会運営上、くせ者でして、通常の株主総会に加えて、種類株主総会の開催も必要であり、諸々の手続が煩雑です。 今回は、この種類株主総会の省略手続きを簡素化する方法を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました