生産性

生産性・業務効率化

高速で「習慣化」する方法

何かこれまで出来ていなかったことを「習慣化」したいと考える人は多いはずです。 しかし、習慣化には時間がかかり、3週間かかるという話もあれば、2ヶ月以上の時間が必要だ、という話もあります。 今回は、この時間がかかる習慣化を高速で行う方法について考えてみます。
生産性・業務効率化

改めて考える根性論の肯定

根性論、という言葉がネガティブな意味合いを持ち久しくなりました。 著名なスポーツ選手をはじめ、根性論は良くないよね、という主張が出ており、また、いわゆる‟ブラック企業”の存在により、根性論は悪だ、というイメージが定着しました。 しかし、本当に根性論は不要な、意味が無いものなのでしょうか?
生産性・業務効率化

リモートワークは生産性が悪いらしい、が望まれているらしい

ピアボーナス「Unipos」を提供しているUnipos㈱より、「テレワーク長期化に伴う組織課題」に関する意識調査の結果が公表されました。 どうやら、リモートワークは生産性が悪くなるらしいです。 そして、それでもリモートワークの継続を望む人が多いらしいです。
生産性・業務効率化

もしかしたら日本は生まれ変われるかもしれない~リモート化がグローバル化に繋がる~

日本は島国気質であり、グローバル化への対応も遅れています。 これがもしかしたら変化するかもしれない、とここ最近思い始めています。 それはリモート化により、コミュニケーション・コンテクストに変化が起きるからです。 リモート化を企業のレベルアップにつなげたいと考えている方向けに解説していきます。
生産性・業務効率化

エルゴノミクス(人間工学)製品はオフィスの生産性をあげるのか?

近年のベンチャー企業オフィスにおいて、エルゴノミクス(人間工学)に基づいた製品を導入する例が増えてきました。 「生産性をあげるから」が理由ですが、本当に生産性はあがるのでしょうか? 具体的な研究から示唆される内容をもとに、考えてみます。
生産性・業務効率化

オープンオフィスの議論~本当に生産性をあげるのか?~

日本では従来よりオープン形式のオフィスが主流で、近年では特にITベンチャー企業を中心に、デザイン性の高い、クリエイティブな空間を意識したオープンオフィスが流行しています。 しかしながら、オープンオフィスは、その生産性について多くのネガティブな研究が発表されているのが事実です。
生産性・業務効率化

マルチタスクは本当に生産性を下げるのか?~一流の経営者が同じ服を着る理由~

マルチタスクは人間の生産性を下げるとされています。 しかしながら、マルチタスクからは中々逃げられないのが現代社会の宿命です。 ここではマルチタスクは本当に生産性を下げるのか?をテーマに複数の論文・記事を横断レビューしていきます。 これを読めば、一部の一流経営者が同じデザインの服を着ている理由がわかります。
タイトルとURLをコピーしました