生産性

生産性・業務効率化

生産性をあげる可能性があると言われているホワイトノイズは耳に悪いかもしれない

ホワイトノイズは生産性をあげる可能性があると言われています。 以前にこちらで書いた記事では、集中力に欠ける人にとっては生産性をあげる効果が、一方で集中力がある人にとっては下げる効果がありそうだ。ただ、適度な騒音レベルというものがあるようで、人によるかもしれない、と結論づけています。 このホワイトノイズですが、長時間聞くと、耳に悪いかもしれません。
生産性・業務効率化

気温(もしくは室温)による生産性への影響は?

暑い日が続き、熱中症が不安になる季節です。 照度や騒音等について、生産性との関係が多く研究されていますが、果たして気温(もしくは室温)と生産性の関係はどうなのでしょうか?
生産性・業務効率化

睡眠不足はパフォーマンスを下げるだけでなく、リスク判断を歪める

睡眠不足は酩酊と同じくらいに、人のパフォーマンスを下げる悪影響がある、と言われるようになりました。 この話は、多くの方が実体験としても同意するものでしょう。 そして、睡眠不足はパフォーマンスへの悪影響だけでなく、リスク判断を歪める可能性もあります。
生産性・業務効率化

適度な騒音はパフォーマンスをあげるのか?さげるのか?

仕事をする上において、基本的には静かであることが求められます。 一方で、適度な騒音があること、例えばホワイトノイズはパフォーマンス向上効果がある、という説もあります。 果たして、適度な騒音はパフォーマンスをあげるのでしょうか?それともさげるのでしょうか?
生産性・業務効率化

自主的に学習することの重要性~確証バイアスの意外な機能~

いわゆる“確証バイアス”と呼ばれるものがあります。 自分が欲しい情報等を選択的に取り入れ、意思決定を誤らせてしまう、一般的にはネガティブに語られるものですが、実は意外にも学習において重要な役割を果たしています。 ここでは自主的に学習する事の重要性と確証バイアスの関係性について見ていきます。
生産性・業務効率化

仕事中の“横やり”は本当に効率を下げるのか?

仕事中に、いわゆる“横やり”が入ると、集中力が途切れてしまい、効率を下げると言われています。 特にエンジニアやクリエイティブ業の方を中心に嫌われる、この“横やり”ですが、本当に効率を下げるのでしょうか? 明確な答えが無い問いですが、一つ示唆となる研究がありました。 どうやらケースバイケースのようです。
生産性・業務効率化

勉強メモをとるにはキーボードより紙とペンで手書きが良い

勉強にパソコンやタブレットPCを使うことが珍しくなくなり、勉強メモをキーボードで取る方も多いでしょう。 ここで疑念がよく指摘されるのが、勉強メモを取る上において、キーボードと手書き、果たしてどちらが良いのか?という疑問です。 結論から言うと、紙とペンを用いた手書きが勉強には有利です。
人事・総務

給与の前払いは従業員の生産性をあげるかもしれない

従業員の生産性をあげるための方法は、古今東西、多くの職場で模索されてきました。 今回は、1つの示唆を紹介します。 もしかしたら、給与の前払いは従業員の生産性をあげるかもしれません。 (とはいえ、多くの経営者にとって、心理的に嫌な方法かもしれませんね。)
リモートワーク

「偶然のコミュニケーション」のために本当にオフィスは必要か?~イノベーションを考える~

テレワークが普及し、生産性が向上した、という声が多く出た一方、弊害についても聞かれるようになりました。 しかし、その弊害(イノベーションが生まれにくい)という意見に科学的根拠はありません。 ここでは、オフィスとイノベーションについて、考えてみます。
生産性・業務効率化

アイスランドが「給与そのままで週休3日試験導入」を成功させたようです

アイスランドにて、週休3日制の試験導入が行われて、一定の成功を収めたようです。 トライアルには全労働人口の1%にあたる2,500人が参加し、普遍的に対応できると結論付けられたとのこと。 労働者のメンタル面や幸福度等にもプラスの影響を与えているとのことです。 内容を見てみましょう。
タイトルとURLをコピーしました