用語

IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)特別利害関係取締役,競業避止義務,利益相反取引

ここでは、特別利害関係取締役,競業避止義務,利益相反取引について用語解説していきます。 非上場会社では、存外に競業行為や利益相反取引を行いがちで、しかも必要な会社法の手続がなされていない場合が珍しくありません。 IPO進行上、非常に大きな障害となり得るので、適切に理解し、必要な手続きを行うようにしましょう。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)特別利害関係者等とは

ここでは特別利害関係者等について用語解説していきます。 IPO進行上は、上場準備会社から特別利害関係者等に対して、不当に利益が落ちるような取引が行われない様に調査・対処しなければなりません。 ここをクリアしないと上場審査もクリアできない、重要な事象です。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)人的関係会社、資本的関係会社とは

ここでは人的関係会社、資本的関係会社について用語解説していきます。 IPO進行上は、上場準備会社から人的関係会社、資本的関係会社に対して、不当に利益が落ちるような取引が行われない様に調査・対処しなければなりません。 ここをクリアしないと上場審査もクリアできない、重要な事象です。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)取締役会の書面決議(みなし決議)とは

ここでは取締役会の書面決議(みなし決議)について用語解説していきます。 書面決議は非常に便利で、取締役会を実際に運営する事務局も頻繁に活用するものです。 ただし、IPO進行上は注意しなければならない留意点もあります。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)役員(取締役,監査役)の報酬について

役員に対する報酬とは、報酬、賞与その他の職務執行の対価として株式会社から受け取る財産上の利益の事を言います(総省して「報酬等」)。 ここでは、役員(取締役,監査役)の報酬について、用語解説していきます。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)独立役員とは

ここでは独立役員について用語解説していきます。 日本ではバブル崩壊以降、多額の不良債権の発生や、その後も大規模な不祥事の発覚などが各所で起きています。 そのため、コーポレートガバナンスの強化が言われるようになり、株主と利益相反しない独立役員の役割の重要性が増しています。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)監査役,監査役会,常勤監査役,社外監査役とは

ここでは監査役、監査役会、常勤監査役、社外監査役について用語解説していきます。 IPOのためには監査役の選任と監査役会の設置は、基本的には必須となります(委員会形式の場合は除く)。 その要件、そして役割と権限について、適切に理解する必要があります。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)取締役,社外取締役,取締役会とは

ここでは、取締役、社外取締役、取締役会について用語解説していきます。 会社経営における意思決定機関のベースとなり、基本ながら非常に重要な概念です。 その役割や権限は、採用する機関設計に応じて変わりますが、ここではベーシックな所を抑えます。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)執行役員とは

ここでは執行役員、そして執行役員制度について用語解説していきます。 会社法で定められた制度では無いため、通常の取締役とは法的な取扱いが異なりつつも、役割が被る部分があり、またIPO進行上も留意すべき点があります。
IPO・バリュエーション

(IPO関連用語解説)内部統制システム(会社法)

会社法上の内部統制システムは、金融商品取引法に基づく内部統制システムとは異なる概念となります。 ここでは、会社法上の内部統制システムについて用語解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました