ビールを注がれると嬉しいか?~気遣いの本質~

生産性・業務効率化

あなたは飲みの席で、ビールを注がれると嬉しいでしょうか?
もちろん、嬉しいと思う人もいるでしょうが、当然にそう思わない、我慢しながら付き合っている人もいます。
今回は、気遣いの本質について、考えていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲みのマナーではビールを注ぐ、となっているが。

世の中には色々な見方、意見があります。

このタイトルですと、下記のような記事がそうです(外部記事)。

『“手酌”はおすすめできません…』
社会に出ている人であれば、“手酌”という言葉を1度は聞いたことがあると思います。手酌とは、自分で自分の杯に酒をつぐことひとりで酌をして飲むことを意味します。お…
第2回:やはり手酌は出世しない?
日本では「手酌は出世しない」と良く言われる。もちろん科学的な根拠はない。ただのジンクスなのだが、まったくの「ナンセンス」とも言い切れない。

内容は、手酌はいけないよね、注いでもらったり、相手に注いだりしましょう、というものです。

これは一つの観点として正解だと思います。

一方で、別の解もあると考えています。

スポンサーリンク

ストレートに相手に聞いた方が良くないですかね?

人によってはビールが苦手な人、他のお酒を飲みたい人、そもそもお酒が苦手な人がいます。
自分のペースで飲みたいから、手酌が良い人もいます。

人によって、何を快適に感じるか、全く異なるのです。

ここで考えて欲しいのですが、マナーや気遣いって、相手に喜んでもらうためにありますよね?

相手に、何かしらの我慢や負担を強いるものは、それはもう、マナーや気遣いと呼べないと思います。

この場合、ストレートに相手に聞いた方が良いと思うのです。

注ぎましょうか?

他に何か注文されますか?

手酌の方が良かったりしますか?

もちろん、言うタイミング、や言うトーンはあると思いますが、基本的には相手の好みを直接聞いて、それに合わせる方が良いと、私は考えます。
(聞かずに、相手の仕草等から察しろ、という意見も、またあるかと思います。)

スポンサーリンク

別にビールを注ぐ話に限らない

この話は、別にビールを注ぐ、注がないの話に限ります。

世の中には多様なマナーや気遣いが存在します。

  • 乾杯の時のグラスの高さ
  • ラベルの向き
  • 注ぎ方
  • 注がれたら一口つける
  • 上座・下座
  • 手土産
  • へりくだる言葉遣いや態度
  • etc…

当然、宴席だけに限りません。
ほんの一例ですが、電話のメモ書きを紙で貰っても、捨てる手間があるので、メールやチャットでもらえた方が嬉しかったり、です。
(紙のメモでもらった方が、忘れないから嬉しい、という人も、当然にいらっしゃるでしょう。)

繰り返しますが、マナーや気遣いは、相手次第なのです。

相手にあわせて、適時カスタマイズを加えていくものなのです。

こちらの記事も参考にしてみてください。


以上、ビールを注がれると嬉しいか?と題して、気遣いの本質について考えていきました。

なお、結構なレベルで万能性が高い気遣いが、たった一つだけあります。

それは、相手を好きになる事です。

人は、自分に対して好意的な相手には、同様に好意を感じるものです。
(別の男女の話では無く、一般的な人間関係の話ですよ。)

へりくだりましょう、という話では無く、相手にポジティブな敬意と関心を示しましょう、ということです。

マナーや気遣いを考え始めると、人間関係の話ですので、答えのない問いで迷うことになってしまいますが、この基本的なことを常に意識しておけば、概ね間違いは無いように思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました