マネジメント

マネジメント・リーダーシップ

ハイパフォーマーは足を引っ張られやすい~成果を共有する仕組みを~

ハイパフォーマーは組織に対して多大な貢献をします。 そのため、会社は何とかハイパフォーマーを雇いたいと思うものですが、ハイパフォーマーは同僚に足を引っ張られやすいことも一部の研究で示されています。
マネジメント・リーダーシップ

現代のロビン・フッド?~富に基づく逆差別と不正~

なんとなく、お金持ちの方がお金を落とすから、サービスを受ける上で優遇され、逆に庶民は冷遇されがち、というような印象を持っている方もいるかもしれません。 しかし、どうやら、富に基づく逆差別がおきる事例もあるようです。
マネジメント・リーダーシップ

「たまたま」により起きる弊害~人事評価を如何に考えるか?~

運も実力の内、という言葉があるにはありますが、世の中において成功するか否かの要素に「運」のウェイトが大きいと、一部で言われています。 この点に関しては、一定の研究もされており、「運」もしくは「たまたま」により起きる弊害が指摘されています。
マネジメント・リーダーシップ

シリコンバレーではOKRを撤廃する企業が増えている模様

日本ではベンチャー企業を中心にOKRという目標管理手法が流行しています。 元々はシリコンバレーを源流として広がった手法のようですが、当のシリコンバレーでは、OKRを取り止める企業が増えているとのこと。 その原因はなんでしょうか?
マネジメント・リーダーシップ

コントロールできる環境はストレス耐性を高めるかもしれない

ストレスと言うとネガティブな印象が強く受けられますが、「良いストレス」がある、ということも認知されるようになってきました。 一方、同じストレスであっても、周囲の環境次第では、その影響を強く受けることがあります。 ここでは、環境をコントロールできるか否か?とストレス耐性の関係について見ていきます。
マネジメント・リーダーシップ

「自分たちの職場は男女平等で差別などない」という認識は危険かもしれない

仕事はあくまでも能力や成果で評価すべきで性別で差別するのは良くない。 この認識は、多くの方が同意することでしょう。 そして、「自分たちの職場は男女平等で差別などない」と思っている方も多いかもしれません。 しかし、その認識は危険かもしれない、という研究があります。
生産性・業務効率化

休み明けは仕事のパフォーマンスが下がる~月曜効果~

休み明けは憂鬱になる方は多いでしょうし、溜まったタスクをこなすためにバタバタし、やりたいことができなかったと感じている人も多いでしょう。 どうやら、統計的にも休み明けはパフォーマンスが下がる傾向があるそうです。 今回は、この“月曜効果”について解説します。
マネジメント・リーダーシップ

メンバーによりチームのパフォーマンスはどれくらい変わるのか?

一般的には、パフォーマンスの高い個人を集めた方がチーム全体のパフォーマンスも上がると考えられています。 一方で、ごくごく普通の会社にもかかわらず、とんでもない成果を出すような光景を目にすることもあります。 果たして、メンバーによりチームのパフォーマンスはどれくらい変わるのでしょうか?
マネジメント・リーダーシップ

IQが高すぎるとマネジメント上の問題が起きるかもしれない

一般的にIQは不完全なれど、期待できる仕事のパフォーマンスを予測する指標として、ビジネス研究の領域では使われています。 しかし、現実問題として頭が良すぎる人とは付き合い辛いと感じる人も多いのではないでしょうか。 ここでは、IQが高すぎるとマネジメント上の問題が起きるかもしれない、とする研究を紹介します。
マネジメント・リーダーシップ

経験値が豊富である程、他人の痛みに鈍感になるかもしれない

誰か他人が痛いと感じている時、例えば注射をされているような場面の時、あたかも自分自身が注射をされているかのように痛みを「共感」することはありませんか? 人には、他人の痛みを「共感」する機能が備わっています。 しかし、経験値が豊富である程、他人の痛みに鈍感になっていく可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました