百貨店販売額統計(2020年8月)

統計・経済

経産省「商業動態統計」の8月分が更新されています。
数字のアップデート分を開設していきます。

出典元はこちらです。

前回分は↓です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

業績推移

販売額全体としては、緊急事態宣言あけ後、回復を示していましたが、直近8月は再度大きく落ち込みを見せました。
第2波の影響もあるのでしょう。

商品種別では、衣料品類の回復が著しく、食料品、その他のジャンルがそれに続きます。

前年比ベースで見ると、ほぼほぼどのジャンルも同じような傾向の動きを示していますが、食料品は地域のスーパー代わりに利用されている方もいる影響下、落ち込み幅は他のジャンルよりも小さいです。

なお、景気の悪化は、コロナ影響もそうなのですが、「元々」ではありました。

コロナ前から指数ベースで100を割る状態が続いており、そもそもとして構造を改革をする必要性が各所で言われています。

こちらは参考ですが、その他の内訳です。

こちらは地域別の数字。

ほぼ全てのエリアで同様の動きなのですが、唯一、四国のみ回復が早いように見えます。

本当に回復をしているのなら幸いなのですが、これは元々の数字が小さいから来る、ブレ幅の大きさが影響しているものと考えられます。

スポンサーリンク

今後、百貨店(デパート)はどうあるべきか?

率直に言って、今の時代、百貨店(デパート)という業態は「オワコン」です。

インターネットで膨大な数の商品を検索できて、またレビューブログやYouTubeをはじめとする動画があふれている、現在。
わざわざ百貨店に行って、販売員の説明を聞き、限られた商品の中から、インターネットより高い価格で買う理由。

それが、今の特に若い方たちにありません。

中年層以上の、インターネットで商品を買う事、特に衣料品類を買う事に躊躇する世代で、かつ一定の所得や資産がある層が利用しているにすぎません。
若い方の取り込みにもやっきになっていますが、そもそも消費額が小さいので、焼け石に水です。
加えて、格差の広がり、二極化も進んでいます。

そんな状況下、前年比も販売指数も100を下回る状況が続いている業界です。

コロナ大打撃で露呈した百貨店ビジネスの岐路 | 百貨店・量販店・総合スーパー
百貨店業界はかつてない苦境に立たされています。新型コロナウイルスの感染拡大、昨年10月の消費税増税、今年は記録的な暖冬とマイナス要因が重なる中、百貨店も大きな影響を受けました。特に都心の百貨店はこの数…

こちらの記事では次の3点が必要であると指摘しています。

  • 「今一度お客様を見る・知る」マーケティング(MK)の見直し
  • 「利益確保に必要な消化からの脱却」マーチャンダイジング(MD)の変革
  • 「お客様へのお伝えの方法」プロモーション(PM)の再構築

なお、この3点は、ビジネスにおける基本中の基本と言えます。

これが長年できず、ピーク時の3分の2まで市場を縮小させている、という状況を鑑みるに、資本レベルから入れ替えないと構造を改革できない、と考えます。

広がるオンライン接客 デパートなど小売業界で コロナ影響 | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大で来店客が減少しているデパートなどの小売業界では、ネットを使って自宅にいる客に、店の商品など…
同上NHK記事より

百貨店においても、今の時代に対応した動きを模索しているようですが、周回遅れも良い所です。
労働集約性が高い取り組みも多く、どこまで成果が出るか不透明です。

百貨店という業態自体は伝統もありますし、都市圏の象徴でもあるので、再興していただきたくはありますが、根本、ベースのベースから見直す必要があでしょう。

池袋マルイ、来年8月で閉店…静岡も3月で : 経済 : ニュース
ファッションビルの「マルイ」を運営する丸井グループは、「池袋マルイ」(東京都豊島区)を来年8月に、「静岡マルイ」(静岡市)を来年3月下旬に閉店することを明らかにした。 池袋マルイは、JR池袋駅西口の繁華街にあるが、池袋

マルイも池袋、静岡を閉店する、という報が出ていました。

この動きは今後も加速するものと考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました