休み明けは仕事のパフォーマンスが下がる~月曜効果~

生産性・業務効率化

休み明けは憂鬱になる方は多いでしょうし、溜まったタスクをこなすためにバタバタし、やりたいことができなかったと感じている人も多いでしょう。
どうやら、統計的にも休み明けはパフォーマンスが下がる傾向があるそうです。
今回は、この“月曜効果”について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

“月曜効果”とは

まず、そもそもとして“月曜効果”についてです。

相場におけるアノマリー(経験則)の一種で、特定の曜日の収益率が他の曜日よりも低く、または高くなりやすい現象のこと。月曜日の収益率がマイナスになりやすく、金曜日(週末)がプラスになりやすいといわれている。
野村證券~証券用語解説集~「曜日効果(ようびこうか)」より

“月曜効果”、より正確にいうと曜日効果は、元々証券用語でした。

曜日により投資パフォーマンスに偏りあるよね、と長らく言われており、投資判断の材料にする人もいました。

近年では、この傾向が無い、もしくは逆の傾向も示されるシチュエーションもある、というようなこともあり、人によって受け止め方は様々です。

スポンサーリンク

仕事における“月曜効果”

次に、リーハイ大学をはじめとした複数大学が行った研究を紹介します。

“Monday Effect” on Performance Variations in Supply Chain Fulfillment: How Information Technology–Enabled Procurement May Help
If labor productivity varies in unknown ways over time, this could lead to unforeseen fluctuations in production or delivery rates, leading to stockouts or inve...

研究では、米国共通役務庁(連邦財産の管理維持、公文書の管理、資材の調達・供給などを行う)が12ヶ月間に収集した80万件以上の取引記録のデータを用いて、曜日ごとのオペレーション・パフォーマンスの変化を調べました。
また、中国最大級のスーパーマーケット・チェーンの注文・履行データも分析しました。

その結果、“月曜効果”が顕著に現れていることがわかりました。
(例:注文を受けてから出荷するまでの時間が、月曜日の方が他の平日よりも平均して9.68%長い。)

このような影響が現れる要因としては、週末の間に溜まったタスクを処理しなければならない、というプロセスの問題や、純粋に月曜日は憂鬱だ、という人的な問題があるとのことです。

休み明けは仕事のパフォーマンスが下がるのです。

スポンサーリンク

“月曜効果”への対策は?

それでは、休み明けにパフォーマンスを維持する方法について、どのように考えれば良いでしょうか?

研究者は次のような施策を推奨しています。

  • 月曜日(休み明け)の人員を増やす
  • 月曜日(休み明け)は会議等の非業務遂行活動を抑制する
  • 従業員教育を強化する
  • 月曜日(休み明け)の憂鬱さを低減するモチベーションアップ施策をうつ(無料のコーヒー等)
  • 月曜日(休み明け)はダブルチェックを強化する
  • 業務の自動化(IT化を含む)を推進する

特に、「業務の自動化(IT化を含む)を推進する」はクリティカルな効果があると、実験の中でも示されています。

個人レベルでは次のような対策が考えられます。

  • 休み前に、重要な課題について終わらせたり、スムーズに進むよう事前に手配する
  • 月曜日(休み明け)は会議等を避けるなど、仕事モードに戻るための時間を確保する
  • ToDoリストやチェックリストを作成し、処理しなければならないことについて考えるのを省力化する
  • 休みを有意義なものになるよう、行動習慣を適正化する

“月曜効果”、休み明けは仕事のパフォーマンスが下がる、という話はよくよく考えればそうだよね、というようなものですが、意識されずに放置されているのが実態でしょう。

しかし、意識し明確に対策を打てば、その悪影響を緩和することも、比較的容易なはずです。

「月曜日(休み明け)は会議等の非業務遂行活動を抑制する」からでも良いので、実践してみるのは良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました