株主総会

株主総会

(株主総会議事録の書き方)合併契約の承認を行う場合

ここでは株主総会における合併契約の承認を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 略式合併か簡易合併の要件を満たさない場合には、株主総会の特別決議となります。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)役員と従業員にSOを付与する場合

ここでは株主総会における役員と従業員にSOを付与する場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 SOの設定部分が非公開会社では特別決議、役員報酬額設定部分は普通決議となります。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)退職慰労金の打ち切りを行う場合

ここでは株主総会における退職慰労金の打ち切りを行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 役員報酬議案であるため株主総会の普通決議となり、出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)役員賞与の支給決定を行う場合

ここでは株主総会における役員賞与の支給決定を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 役員報酬議案は株主総会の普通決議なので、出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)補欠監査役の選任と就任順位決定を行う場合

ここでは株主総会における補欠監査役の選任と就任順位決定を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 補欠監査役選任議案は株主総会の普通決議なので、出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)会計監査人の変更を行う場合

ここでは株主総会における会計監査人の変更を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 会計監査人変更は選任と同様、株主総会の普通決議なので、出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)会計監査人の選任を行う場合

ここでは株主総会における会計監査人の選任を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 会計監査人選任は株主総会の普通決議なので、出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)従業員にSOを付与する際の枠設定を行う場合

ここでは株主総会における従業員にSOを付与する際の枠設定を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 非公開会社では特別決議となります。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)取締役にSOを付与する場合の枠設定を行う場合

ここでは株主総会における取締役にSOを付与する場合の枠設定を行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 役員報酬額設定になるので普通決議であり、出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)株式発行の募集事項決定を取締役会に委任する場合

ここでは株主総会における株式発行の募集事項決定を取締役会に委任する場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 非公開会社の場合、特別決議となり、出席株主の議決権の3分の2以上の賛成により可決されます。
タイトルとURLをコピーしました