株主総会

株主総会

株主総会における委任状の解説完全版(ひな型有り)

株主総会の実施において、委任状が認められていることは周知の一般的なことかと思います。 しかし、過去の担当者が作成したテンプレートや、証券代行の信託銀行担当者が作成した書類などを何となく使用している場合が多いのではないでしょうか。 ここでは、株主総会の委任状について解説していきます。
株主総会

株主総会のお土産を廃止しよう

株主総会にとって「お土産」は悪名高い代物で、大体の共通認識はとれるかと思います。 昨今の情勢に照らし合わせて、廃止・中止をする企業も増えています。 非常にタイミングが良いので、株主総会のお土産を廃止し、本質的な質疑が行われる株主総会を目指しませんか? ここでは、株主総会のお土産について解説します。
株主総会

株主総会、経産省により来場禁止容認-はされてないよね。

日経新聞より、経産省が株主総会の来場禁止を容認する、という内容の報道を出していました。 結論、来場禁止は容認されていません。 あくまでも、もろもろ手を尽くした結果として会場に株主が出席をしていなかったとしても致し方ないよね、という内容です。 詳細を見ていきましょう。
株主総会

リアル株主総会とソーシャルディスタンス【必要な面積の計算方法】

6月の株主総会スケジュールが集まりました。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響をうけて、6月後半に集中、大変な混雑が懸念されます。 ここでは、リアル株主総会において、ソーシャルディスタンスの考えから、どれだけの広さ(面積)の会場を用意すればよいのかを検討していきます。
株主総会

ハイブリッド出席型バーチャル株主総会の開催事例(予定含む)

バーチャル株主総会において、会社法上の出席となる形式がハイブリッド出席型となります。 参加型は、要件が厳しく、コスト上の問題や事例が少ないという意味で会社法的リスクも存在します。 ここでは、ハイブリッド出席型バーチャル株主総会の開催に関して、株主への案内の方法など、事例を見ていきます。
株主総会

ハイブリッド参加型バーチャル株主総会の開催事例

バーチャル株主総会の開催は、バーチャルオンリー株主総会は開催ができず、ハイブリッド型のみが選択肢となります。 ハイブリッド型には、会社法上の出席とならない参加型と、出席となる出席型があります。 ここでは、ハイブリッド参加型バーチャル株主総会の開催に関して、株主への案内の方法など、事例を見ていきます。
株主総会

バーチャルオンリー株主総会(オンラインオンリー株主総会)は開催できるのか?

新型コロナウイルスの影響により、バーチャル株主総会(オンライン株主総会)の関心が高まっています。 ここではバーチャル株主総会(オンラインオンリー株主総会)は開催できるのか否かを見ていきます。
株主総会

バーチャル株主総会(オンライン株主総会)の考え方整理(経産省資料の要約)

経済産業省より「ハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイド」が公開されています。 コンパクトにまとまってはいるものの、言い回しとかが小難しく、ごちゃっているので整理しました。 バーチャル株主総会(オンライン株主総会)を検討する際のベースとなるので、ご参考に。
タイトルとURLをコピーしました