メンタル

仕事と健康,運動

運動はエネルギー感、クリエイティビティ、生産性を向上させるという話

運動を行うことによる健康へのポジティブな影響は広く知られています。 また、運動はそれ以外の様々な事柄にポジティブな影響を与えます。 今回は、運動がエネルギー感(活力)、クリエイティビティ(創造性)、生産性を向上させるという研究を紹介します。
生産性・業務効率化

頻繁なメールチェックをやめるとストレスが軽減するという研究

メールやSlackのようなチャット・ツールが当たり前になり、頻繁にデジタル・コミュニケーションのためのツールを確認する習慣がついている人は多いでしょう。 しかしながら多くの研究がマルチタスクの弊害を否定しています。 実際に、頻繁なメールチェックをやめるとストレスが研究するようです。
仕事と健康,運動

冷たいシャワーを浴びるとメンタルヘルスの改善につながる可能性

冷たいシャワーを浴びることによる健康増進の効果や、認知機能向上の効果が知られています。 その他にもメンタルヘルスの改善についても報告をする研究があります。 霊長類が数百万年の進化の過程で経験してきた体温の一時的な変化(寒中水泳など)などの生理的なストレス要因を欠いた生活が脳の機能不全を引き起こしている可能性がある、とのことです。
ビジネスと心理学

男性は配偶者の稼ぎが多いとストレスを感じる模様

男性は配偶者の稼ぎがないと不安を感じストレスを抱えます。 配偶者の稼ぎが世帯収入の40%程まではストレスが減少していきますが、40%を超えるとストレスレベルが徐々に増加していきます。 男性が稼ぎ女性が支える、という伝統的価値観が男性のメンタルヘルスにも影響している模様です。
仕事と健康,運動

睡眠不足は不安を増大させる

睡眠不足がパフォーマンス、つまりは生産性に悪影響を与える、ということは非常に知られています。 また、健康にも様々な悪影響を与えることも同様によく知られています。 加えてメンタルとの関連性もよく語られますが、睡眠不足に陥ると不安が増大する、ということはあまり知られていません。
生産性・業務効率化

マインドフルネスについて、実は現状でわかっていることはそんなにない

マインドフルネスという言葉は、近年の情報化社会や悩み多き生活を背景に、急速に浸透しています。 数多くの研究が、マインドフルネスが身心の健康や認知能力の向上等にプラスの影響があるとしていますが、実は批判も多くあります。 今回は、このマインドフルネスについて、実は現状でわかっていることはそんなにないよ、という話をします。
ビジネスと心理学

人間関係の心理/バイアス5選

人間関係は古今東西老若男女問わない共通の悩みです。 良好な人間関係は人の身心、そして人生に大きな影響を与えます。 充足された自尊心や自信、成長、幸福度にもつながりますし、一方でストレスやうつと言ったマイナスにもつながり得ます。 今回は人間関係の心理/バイアスについて5つ程ピックアップします。
ビジネスと心理学

楽しいから笑顔になるのか?笑顔だから楽しいのか?

表情フィードバック仮説というものがあります(「表情がフィードバックされて、その表情の感情を引き起こす」という仮説)。 これを受けて、何はともあれ笑おう、笑えば楽しくなる、というアドバイスを見聞きすることがあります。 果たして、これは正しいのでしょうか?
ビジネスと心理学

内向的な性格な人は無理に外向的に振舞おうとしない方が良い

一般的に外向的であることは良しとされています。 また、多くの心理学的研究により、外向的な行動はポジティブな感情を高め、幸福感を抱くことにつながるという知見が示されています。 しかし、これは全ての人に当てはまるとは限りません。 内向的な性格な人は無理に外向的に振舞おうとしない方が良いのです。
生産性・業務効率化

勤務時間外のメールは送ってはいけない~身心への悪影響が甚大~

土日祝日や就業時間後にメールを送り、また返信を期待する人は多いでしょう。 もしくは、返信を期待されているような状況に立っている人も多いのではないでしょうか。 オンラインでの待機は、仕事に対するプロフェッショナル意識の高さの現れという考えもありますが、多くの弊害があります。
タイトルとURLをコピーしました