休憩

生産性・業務効率化

休憩の効果、効果的な休憩のとり方まとめ

「休憩の効果、効果的な休憩のとり方まとめ」のまとめになります。
生産性・業務効率化

学習は量も大事だけれども質も大事というシンプルな話

著名なマルコム・グラッドウェル氏が提唱した1万時間の法則については、知っている人も多いでしょう。 また、この1万時間の法則が実は間違いである、という話も同様に知られるようになってきました。 今回は、学習は量も大事だけれども質も大事というシンプルな話についてです。
生産性・業務効率化

【生産性向上】休憩中は大体のことは何でもしていて良い

休憩中、ゲームをしている人、動画を見ている人、本を読んでいる人。 様々に自由な時間を過ごしているでしょうが、そのような別の何かを行っていると、果たしてそれは休憩になるのでしょうか?答えは「休憩になる」です。 今回は、様々な休憩のとり方が生産性に与える影響について見ていきます。
生産性・業務効率化

【生産性向上】異なるタスクを行うだけでも休憩になる

40秒間、緑を眺めるだけでも休憩効果がある、という研究があります。 朗報ではあるのですが、ぼーっとしている姿そのものがNGな職場もあるでしょう。 そういった会社での短い休憩に関して、別のアプローチがあります。 それは異なるタスクを行うこと、です。
生産性・業務効率化

【生産性向上】40秒、緑を眺めるだけでも休憩になる

忙しい現代人。まとまった休憩をとる時間がない方は、多いのではないでしょうか。 そんな方に朗報があります。 (本当に朗報か否かは疑問がありますが)どうやら、ちょっとした休憩、それこそ40秒の休憩でも緑を眺めるとリフレッシュ効果があるようです。
生産性・業務効率化

休憩はどのタイミングで取るのが適切なのか?

ごく平均的な労働者は12時を過ぎたあたりで1時間弱の休憩を取るのが一般的でしょう。 当たり前すぎて、このことに違和感を持たない方も多いのではないでしょうか。 ある研究によると、休憩はなるべく早いタイミングでとった方が効率が良いことが示されています。
タイトルとURLをコピーしました