議事録

取締役会

(取締役会議事録の書き方)基準日後の株主に対し議決権を付与する場合

ここでは取締役会議事録の「基準日後の株主に対し議決権を付与する場合」の書き方例について解説します。 決定権者等について明確な定めはありませんが、一般的には取締役会決議と認識されています。 ベースのテンプレート部分については、下記記事も参照してください。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)コーポレート・ガバナンスに関する報告を行う場合

ここでは取締役会議事録報告事項のコーポレート・ガバナンスに関する報告を行う場合の記載について例示します。 コーポレート・ガバナンス・コードの中には、取締役会が定期的に対応する項目がいくつか存在します。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)内部統制システムの運用状況報告を行う場合

ここでは取締役会議事録報告事項の内部統制システムの運用状況報告を行う場合の記載について例示します。 会社法上の大会社は、内部統制システムに関する事項について、決定を行う必要があります。 また、この内部統制システムについて、運用状況を取締役会に報告を行うことは一般的に行われています。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)訴訟を提起された場合

ここでは取締役会議事録報告事項の訴訟を提起された場合の記載について例示します。 なお、上場企業の場合、重大な訴訟の定期があった場合、「当社に対する訴訟の提起に関するお知らせ」のお知らせ、という形で適時開示を行う必要がある可能性があります。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)株主提案権の行使書面を受領した場合

ここでは取締役会議事録報告事項の株主提案権の行使書面を受領した場合の記載について例示します。 定時株主総会の招集決定決議以前に株主提案権が行使された前提です。 上場企業の場合、株主提案権の行使書面を受領したら、「株主提案権の行使に関する書面」の受領のお知らせ、という形で適時開示を行う必要があります。
取締役会

(取締役会議事録報告事項の書き方)業績報告関連の記載パターン

ここでは取締役会議事録報告事項の業績報告関連の記載パターンについて例示します。 報告を行った取締役の報告内容について概要を明記する事が望まれます。 別紙を活用する方法も考えられますが、その別紙についてどのような説明を行ったのか、記載するようにしましょう。
取締役会

取締役会議事録テンプレート集

ここは取締役会議事録テンプレートのポータルです。 必要な項目を参照してください。
株主総会

株主総会議事録テンプレート集

ここは株主総会議事録テンプレートのポータルです。 必要な項目を参照してください。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)役職員にSOを有利発行する場合

ここでは株主総会における役職員にSOを有利発行する場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 株主総会の特別決議となります。株主総会を経ない場合、株主による差止請求の原因となります。
株主総会

(株主総会議事録の書き方)退職慰労金の支払いを行う場合

ここでは株主総会における退職慰労金の支払いを行う場合の、株主総会議事録の書き方パターンを例示します。 ベースとなる議事録については、下記の個別審議方式と一括審議方式のテンプレートを参照ください。 役員報酬議案であるため株主総会の普通決議となり、出席株主の議決権の過半数の賛成により可決されます。
タイトルとURLをコピーしました